ANDER:RE×伏里工務店…

想像がふくらむお住まいをご提供いたします!

ANDER:RE×伏里工務店…

当社のホームページに足をお運びいただき有難うございます。
皆様、初めまして! 伏里工務店、代表の伏里輝一(フシサトキイチ)と申します。

当社は大阪市を中心に大工工事・リフォーム工事を行っている会社です。2017年5月に設立したまだまだ若い当社ですが、今まで培ってきた技術や経験を基にどんな要望にもお応えします。

“オシャレな家”や“カッコいい内装”
そんなお住まいをご希望でしたら、是非当社にお任せください。
お客様にご納得いただける工事をお届けいたします。

部分リフォームや修繕などの些細なことでもご相談ください。
伏里工務店をどうぞ宜しくお願いいたします!

伏里工務店 代表 伏里輝一

満は損を招き謙のみ福を受く

「ANDER:REってなに?」
「伏里工務店じゃないの?」

当社のホームページをご覧いただいた方は、恐らくそう思われたことでしょう。
まずはこの由来についてお話します。

「ANDER:RE」とは伏里工務店を法人化した際につけると決めていた名前です。

「UNDER」は“今まで行ってきたことに慢心しない”という意志を込めて。
「RE」は“またゼロからのスタートを”という謙虚な心で前進するため。

そしてアルファベットの始まりの文字である「A」に“イチからの出発”という意味合いを込めて、「UNDER」の頭文字を「A」にしています。

初志貫徹。
決しておごらず礼節・礼儀を重んじて日々過ごすため、この名前にしようと決めました。

はじめまして!私が代表です

少しでも私のことを知っていただくために、ここでは簡単なプロフィールをご紹介いたします。

「どんな人がやってるのかな?」
「どんな雰囲気の人なんだろう?」

私にご興味いただける方は是非ご覧ください!

○名前:伏里 輝一(フシサト キイチ)
○生年月日:1995年7月20日生
○星座:蟹座
○出身地:大阪府大阪市
○居住地:大阪府大阪市
○趣味:オシャレ、家作り

インスタグラムもやっておりますので、是非チェックしてみてください!≫

イメージをカタチにできる喜び

幼少期の頃から、何かと“物作り”が大好きでした。

図工の時間で何か作れば他の人より凝ってみたり、遊びの時も少し凝った秘密基地を作ってたりしていました。

学生時代も「“物作り”ってカッコいい。一度、そういう仕事をしてみたい」と思っていました。
それから縁もあり、建築業界に入る事になりました。
お客様のイメージを自分の手でカタチにできる。
できあがったものをお客様に喜んでいただき、笑顔があふれる。
こんなにも嬉しく、楽しいと感じることはありません!

私にとって大工工事は、図工の時間の延長線上にあるもの。
やるべくしてやっているのだと感じます。

お客様とともに作り上げる、“物作り”の可能性は無限大!
是非、私たちにお客様の理想とする住まいをお聞かせください!

人と人のつながり

私は本当に物作りが大好きです。
ですので「仕事をやっている」という意識ではなく、「好きなことをやっている」といった方が正しいかもしれません。
ただ、現状に甘えるのではなく“自分が成長するための通過点”として日々楽しみながら取り組んでおります。

しかし実際に「工務店」というと、どうしても頑固で怖い職人さんというイメージがつきもの。
私はそんなイメージを払拭したいと考えています。

お客様との会話はアットホームさを心掛けています。

私が大切にしたいことはお客様とのつながり。
どんな理由であれ、当社にご依頼いただいたからには一切の妥協なく、お客様のご相談・ご要望に柔軟に対応いたします!

“楽しんだ者勝ち”
“お客様と私、自由な発想で真剣に作り上げる”

代表の私がこれらふたつをポリシーとし、お客様を笑顔にしたい想いでいっぱいなのでどうぞご安心を!
若さを活かしてフットワーク軽く、お伺いいたします!

「大阪でリフォームなら伏里工務店だね!」では満足しません。
「伏里工務店だからリフォーム頼みたい!」
そう言っていただけるように、これからも私は全力で取り組んでまいります。

できないことはない

すでに将来の展望やイメージはあります。
建築業界以外にも「衣・食・住」と幅広い分野で活躍したいと考えており、それを叶えるために様々な業界へ飛び込もうと考えております。
そして様々な人と出会い、関わり、自分の見識や技術を更に飛躍させ、人間としても成長していきたいのです。

幅広い分野で活躍していくというのはもちろん、ひとりひとりの方とのつながりを大切にし、その中でステップアップしていくことを目指しています。
自分で自分の限界を決めることはいたしません。

とはいえ、まだまだスタートライン。
謙虚な姿勢で広い視野を持ち、活動してまいります。

「面白い人いるよ!」
「これって楽しそうだよ!」

そう思うものがもしあれば、是非私まで教えてくださいね!